備えあれば憂いなし!防災について考えよう

2011年3月11日に起きた東日本大震災から、もう6年余りが経過しました。大災害の爪痕はまだ色濃く残り、復興にはまだ時間を必要としています。

日本は地震が多い国ですし、海に囲まれているので津波などの被害とは無縁の生活というのは難しいですよね。被害にあわないことが一番望ましいことですが、こればかりはいつ、どこで起こりうるかわかりません。

そういった時のために、防災について日頃から意識していますか?

家の中や会社など、1日を通して滞在する場所が多いところの危険なポイントや、何かあった時に逃げることができる経路についてはしっかりと確認しておきたいところです。ホテルに泊まる時など、普段使わない場所であれば尚更、最初に見ておきたいですよね。

そして、逃げる必要が出てきた時の防災バッグ、準備していますか?
準備しているけど奥底にしまっている、用意したはずなんだけどな…という状態ではいざという時に活躍できないので今一度、中身も含めて確認しておきたいところです。中に入っている食品の賞味期限が近づいているということもありますしね。
その他、非常時に使える連絡手段としてNTTが提供している災害用伝言ダイヤル、171も活用できるようにしておきましょう。

それであっても、いざ災害があったときに貴重品を全て持っていけるとは限りません。現金もそうですが、ケガをしたときに使いたい健康保険証がなければとても困りますよね。しかし、近年ではそういった緊急事態には健康保険証など必要なものがなくても薬を受け取れることができる措置が取られるようになってきました。

そして、時には避難生活が長期化することもあります。持病を抱えている場合は、その薬の手配もしなくてはなりませんが、意外と自分が服用している薬の名前は覚えていないものです。そんな時に役立つのがお薬手帳。原本でなくても、コピーしたものや携帯電話で写真に撮っておくといった工夫をして記録しておきましょう。

何かあってからでは遅い防災対策、家族や周りの人の笑顔を守るために、できることから備えをしてみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意下さい(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  3. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…

さっちゃんおすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. アモーレ大学医学部教授@アラフォー女医のjoyful(twitterアカウント@dr_joyful …
  3. イラスト:新倉サチヨ ふとした瞬間に、昔すごく好きだった人の面影や言葉が頭をよぎることがありません…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. 今回は、大阪梅田からひと駅の南森町で結婚相談所をされていらっしゃる、アーチ結婚相談室の代表、木村惠さ…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. こんにちは、アモーレ大学 国際男女関係学部 教授のおちさぎりです。 幸せな恋愛や結婚をして、パートナ…
  3. 今回は、徹底的な同年代の男性目線で婚活に迷える女性に導くスペシャリストとして、結婚相談所を運営されて…

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます

    カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    ページ上部へ戻る