音楽で幸せホルモン分泌しよう!

リラックスしたいとき、気分を変えたいときに音楽を聞くという人は多いと思いますが、幸せな気分に満たされたいな〜というとき、今度からクラシックをチョイスしてみてはどうでしょう?

クラシック音楽ってそういえば、どんな曲・・と改めて考えると「?」となる人のために簡単に説明すると・・そのまま直訳すると「クラシック=古い」にるよね。これだと、かなり広い範囲の音楽になってしまうけれども、一般的にはバッハやベートーヴェンに代表されるヨーロッパの音楽のことを表しています。

このクラシック音楽、実は聞くだけで幸せホルモンのセロトニンやオキシトシンの分泌が促進されるといわれているんです。
セロトニンやオキシトシンが分泌されると、どんないいことがあるのでしょうか?

ここで、セロトニンとオキシトシンの効果についてちょっと解説を。

20130516124557

<セロトニンとオキシトシンの効果>

セロトニンは睡眠ホルモンといわれるメラトニンの元となるので、セロトニンが増加することで質のよい睡眠をとることができる。興奮状態になると分泌されるノルアドレナリンを抑制して、攻撃的な情動を押さえる。そして、ノルアドレナリンなどの過剰分泌を抑制するので、イライラが減り、前向きな気分になれます。

一方、オキシトシンは恋愛ホルモンや愛情ホルモンといわれて、分泌されることで愛情が促されたり、ストレス軽減などの効果をもつホルモン。そして、結果的に人間関係を円滑にしてポジティブな気分で毎日を過ごすことができる何ともありがたいホルモン♪

クラシックの中でも特に、モーツァルトやバッハなどの調和のとれた音楽を聞くことで、脳内ではアルファ派が出て、セロトニンなどの幸せホルモンの活性化へと繋がっていくというからすごいですよね!

最近では突発性難聴の患者さんにクラシック音楽を使った治療で、目覚ましい効果があったという報告もされているのです!医療や介護の場面でも、どんどん取り入れられています。

こんな良いことづくめのクラシック。ぜひ今夜は聞きながら眠りにつきたいですね〜♪

「クラシック音楽で高い治療効果 原因不明の突発性難聴」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2904H_Z20C14A1CR8000/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  2. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…
  3. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…

さっちゃんおすすめ

  1. こんにちは!幸せ大学のぶんぶん学長です。皆さん、年末の慌ただしい時間をどのようにお過ごしでしょうか…
  2. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…
  3. 私たちが過ごしている世の中には、本当にたくさんのお仕事があります。 中には、これまでには考えら…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. あなたは、誰かにお願いや頼みごとをするとき、相手にどう伝えていますか? 「ちょっとだけ手伝って欲し…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. 幸せって結局、なんだろう?そんな疑問を持つあなたのために、幸せのカタチをまとめてみました。 ◆そも…
  3. 視覚や嗅覚、触覚など、私たちの体に備わっている感覚を刺激することは、幸せになれる要素が満載です。 …

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る