終戦記念日から考える〜明日がくる幸せについて

こんにちは。ぷよっぴーだよ。

夏の暑い時期を迎えると、近づいてくるのが終戦記念日だよね。
日本で戦争終結から時間が経ったとはいえ、この日になるとメディアでも戦争をテーマにした特集が数多く組まれているので、強く意識していなくても耳には入ってくるはず。
現在の日本は戦争状態ではないけれども、世界に目を向けてみると各地で争いが頻繁に発生しているよね。ニュースなどで心を痛めている人も多いはず。

戦争には多くの犠牲を伴うけれど、一番の犠牲になるのは弱い存在である子ども達だということは今も昔も変わっていない事実。まだ多くを知らない子ども達がいつの間にか戦争に巻き込まれて、そしていなくなってしまう。こういったことが世界では未だに頻繁に起きているんだね。

今回は、このタイミングで目にしてもらいたい本を紹介しようと思っているよ。
それは岩崎ちひろさんの「戦火の中の子どもたち」。
絵本仕立てのこの本は、シクラメンの花を軸として戦争に巻き込まれる子どもたちを描いているんだよ。

その冒頭にはこのようなことが書かれているんだ。
「赤いシクラメンの そのすきとおった花びらのなかから
しんでいったその子たちの ひとみがささやく。
あたしたちの一生は ずーっと せんそうのなかだけだった。」

フェンスと夕焼け

胸が締め付けられるようなこのフレーズは、わたしたちが今、当たり前のこととして変わりなく生活できていることが実は、当たり前のことではないのだと気付かせてくれるよね。

この世の中で一番大切なものは、やはり命なんじゃないかと思うんだ。
命がなければ、お金や名声がいくらあっても無駄になってしまうよね。

そして、この本は次のような言葉で締めくくられているよ。

「赤いシクラメンの花のなかに いつもゆれていた
わたしのちいさなおともだち。

赤いシクラメンの花が ちってしまっても やっぱりきえない
わたしの こころのおともだち。」

こんなふうに明日が見えない地域や時代もあったのだから、子どもから大人まで明日のことを考えて過ごせること、それ自体が幸せなのかもしれないね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意下さい(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  3. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…

さっちゃんおすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. アモーレ大学医学部教授@アラフォー女医のjoyful(twitterアカウント@dr_joyful …
  3. イラスト:新倉サチヨ ふとした瞬間に、昔すごく好きだった人の面影や言葉が頭をよぎることがありません…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. 今回は、大阪梅田からひと駅の南森町で結婚相談所をされていらっしゃる、アーチ結婚相談室の代表、木村惠さ…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. こんにちは、アモーレ大学 国際男女関係学部 教授のおちさぎりです。 幸せな恋愛や結婚をして、パートナ…
  3. 今回は、徹底的な同年代の男性目線で婚活に迷える女性に導くスペシャリストとして、結婚相談所を運営されて…

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます

    カレンダー

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    ページ上部へ戻る