実は悲惨な境遇だった喜劇王が教えてくれる、人生の楽しみ方とは?

こんにちは!福太郎です。

今日は、ある人物の人生とその言葉から、人生を楽しむヒントをお伝えしたいと思います。

福太郎

数々のコメディ作品を作り上げ、人々を楽しませてきた“喜劇王”といえば、
チャップリンですよね。

そんな彼ですが、
その人生は決して明るいものばかりでは
無かったようです。

両親はともにミュージック・ホールの歌手だったのですが
彼が1歳のときに離婚。

母は精神に異常をきたし施設に収容され、
どん底生活を余儀なくされたチャップリンは、
4歳違いの異父兄シドニーと
孤児院や貧民院を転々とする生活だったとか。

父はアルコール依存症によって死去。

チャップリンは、生きる糧を得るために床屋、印刷工、ガラス職人、
新聞やマーケットの売り子とあらゆる職に就いたそうです。

俳優斡旋所にも通い、
ミュージック・ホールでパントマイム劇などを演じて
一家の家計を支える毎日。

アメリカ巡業で、映画プロデューサーの目にとまり、声が掛かるまで、
彼の人生は、“悲惨”と言えるものでした。

そんな、一見辛い境遇を経験してきた彼が言った有名な言葉が、
次の言葉です。

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇だ。」

生きていると、
しんどいこと、辛いこと、悲しいこと、いろいろ起きます。

そんなとき、
クローズアップの視点だけで見るのではなく、
映画の監督になったつもりで、
ロングショットで自分の人生を覗いてみる…。

今起こっている出来事を、
ロングショットで捉えてみると、
どんな景色が見えてくるでしょう?

きっと、ちょっと違った考え方ができるようになるのではないでしょうか。

物事を視点を変えて見るということは、とても大切です。
また、長い目で見ることも。

より人生を楽しいものにしていくために、
彼の残してくれたこの言葉、
忘れないように心に刻んでおきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意下さい(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  3. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…

さっちゃんおすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. アモーレ大学医学部教授@アラフォー女医のjoyful(twitterアカウント@dr_joyful …
  3. イラスト:新倉サチヨ ふとした瞬間に、昔すごく好きだった人の面影や言葉が頭をよぎることがありません…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. 今回は、大阪梅田からひと駅の南森町で結婚相談所をされていらっしゃる、アーチ結婚相談室の代表、木村惠さ…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. こんにちは、アモーレ大学 国際男女関係学部 教授のおちさぎりです。 幸せな恋愛や結婚をして、パートナ…
  3. 今回は、徹底的な同年代の男性目線で婚活に迷える女性に導くスペシャリストとして、結婚相談所を運営されて…

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます

    カレンダー

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    ページ上部へ戻る