人間関係は○○に意識を向けると、うまくいく

あなたは、人とコミュニケーションを取るとき、どこに意識を向けていますか?

・自分がどう思われるか?
・おもしろく話ができるか?
・どう伝えれば自分のことをわかってもらえるか?

・・・主に、このようなことを考えている方は多いかもしれません。

これらのことを意識するのも大切ですが、コミュニケーションは、“あること”に意識を向けるほうが、圧倒的に人に好感を持ってもらえます。

その“あること”とは・・・、ずばり、“相手”です。

・相手はどう思っているか?
・相手は何を悩んでいるか?
・相手が望んでいるもの(状態)って?

このように、“自分”ではなく、“相手”に意識を向けてコミュニケーションを取ると、

「この人は私にすごい関心を向けてくれているなあ」
「この人は私のことをよく考えてくれているなあ」

と相手は思い、どんどん心を開いてくれるようになります。

たとえば、職場の後輩が、
「自分って、やっぱりこの仕事向いてないみたいです・・・」
と落ち込んでいたら、あなたならどう声をかけますか?

「わかるよ。私も新人のときは、よく同じように悩んだなあ。今は、うまくできなくて当たり前だから、そんな落ち込むことないよ!」
などと声をかけるとしたら、自分に意識が向いているコミュニケーションです。

一方、
「そうなんだ。どうしてそう感じるの?」
「なにかあったの?」
などと声をかけ、相手の悩みや問題をじっくり聞くことができたとしたら、それは、相手に意識が向いているコミュニケーションになります。

相手に意識が向いたコミュニケーションが大切なのは、営業などの場面では、特に言えることです。

多くの営業マンは、「商品を買ってもらえるにはどう話せばいいか?」「自分(自社の商品)のことをいかにアピールできるか?」ということを考えて仕事をしてしまいがちです。

このように自分にばかり意識が向いている営業マンだと、お客様はウンザリします。

「この人の話を聞いてみたい」とは思いません。

むしろ、「なにか売りつけられる前に、さっさと話を切り上げよう」と思います。

しかし、デキる営業マンは、こう考えて仕事をします。

「○○さんが、今、一番困っていることはなんだろう?」

「○○さんが解決したい問題は、なんだろう?」

「○○さんの思いを叶えるには、どんなことが考えられるだろう?」

そう、“相手”にしっかり意識が向いているのです。

このように日々相手のことを考えて努力をし、コミュニケーションを取ろうとするから、お客様も「この人の話なら聞いてみよう」と思うわけです。

人とコミュニケーションを取るとき、“自分”にばかり意識が向いていた、という方は、これからは“相手”に意識を向けてみることも考えてみてくださいね。

相手に意識を向けるコミュニケーションができたら、きっと、自分にばかり意識が向いていたときより、コミュニケーションが豊かになり、人間関係も豊かになっていくでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  2. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…
  3. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…

さっちゃんおすすめ

  1. こんにちは!幸せ大学のぶんぶん学長です。皆さん、年末の慌ただしい時間をどのようにお過ごしでしょうか…
  2. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…
  3. 私たちが過ごしている世の中には、本当にたくさんのお仕事があります。 中には、これまでには考えら…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. あなたは、誰かにお願いや頼みごとをするとき、相手にどう伝えていますか? 「ちょっとだけ手伝って欲し…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. 幸せって結局、なんだろう?そんな疑問を持つあなたのために、幸せのカタチをまとめてみました。 ◆そも…
  3. 視覚や嗅覚、触覚など、私たちの体に備わっている感覚を刺激することは、幸せになれる要素が満載です。 …

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る