会議の場や考えるときにぜひ使ってほしい“6つの帽子”思考法

こんにちは、福太郎です。

話し合いをしていても、ちっとも意見がまとまらない…。
なんだか行き詰っている…。

今日は、そういうときにぜひ使って欲しい思考法についてご紹介します。
“6つの帽子”という思考法です。

◆“6つの帽子”とは?

“6つの帽子”は、エドワード・デ・ボーノ博士が開発した思考ツールです。

ものを考えるときは、一度にいくつものことを考えるのではなく、ひとつのことだけを集中して考えるようにすることで、うまくいくというものです。

ボーノ博士は、考えるときは
「白」「赤」「黒」「黄」「緑」「青」
それぞれ6つの異なる意味を持つ色の帽子を順番にかぶることで、素早く、しかも効率的に考えをまとめることができるというのです。

それぞれの帽子の意味は、次のとおりです。

・白…事実と数値(データ)

・赤…感情的な視点

・黒…警戒と注意、考え方の弱点を指摘する

・黄…希望、肯定的な考え方

・緑…新しい考えの誕生

・青…冷静な視点で他の帽子の使い方を統制する

この6つの帽子を用いた発想法は、会議のときに特に威力を発揮するとされています。

実際に帽子をかぶるわけではなく、参加者に帽子をイメージでかぶらせて、アイデアや意見を出してもらうのです。

ポイントは、参加者全員が“同じ帽子を被ること”。

「では、このアイデアに対して、次は『黒』の帽子の視点から全員で考えてみましょう。○○さんから右回りで、意見をどうぞ」

そう司会者に言われたら、全員がそのアイデアに対しての弱点を述べます。

「次は『黄』をかぶってください」と言われれば、全員が楽観的に、肯定的に物事を捉えて考えた意見を述べます。

会議の最後には、冷静な状態での思考が大切なため、青い帽子をかぶって、結論をロジカルに検討します。

全員が同じ帽子をかぶり、同じ視点に立って意見を出し合うことで、賛成・反対といった二つの狭い視野で対立することなく、冷静に議論することができ、考えがまとまりやすくなるんですね。

◆自分自身にも使える6つの帽子

この“6つの帽子”の考え方は、会議やミーティングといった場面だけでなく、自分自身に対しても使えます。

何か問題が起こったときや悩み事があるときって、視野が狭くなり、ひとつの考えに偏りがち。

そういうときは、6つの帽子を順番にイメージでかぶって考えるようにするのです。

もしくは、「あ、私はこの問題に対して『黒』の帽子でしか考えていないな」と思ったら、順番に『白』の帽子からかぶって考えてみるようにします。

6つの帽子の考え方を使うと、より客観的に、広い視野でものごとを考えることができますね。

福太郎

以上、今日は“6つの帽子”の思考法についてお伝えしました。

以前の記事で、さっちゃんが色の持っているパワーについて解説してくれましたが、これも色の持つパワーを存分に活かした思考法と言えますね。

この6つの帽子の思考法は、IBM、マイクロソフト、NTTなどの企業で採用されているようですが、実践しているという組織や人は、まだまだ少ないんじゃないでしょうか。

会議などの議論の場や、考えが行き詰まったときなど、
ぜひ今回ご紹介した“6つの帽子”を活用してみてくださいね。

実際に同じ色の帽子を用意してみるのも、おもしろいかもしれません。

参考:「会議が変わる6つの帽子」翔泳社
エドワード・デ・ボーノ著 川本英明(訳)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意下さい(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  3. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…

さっちゃんおすすめ

  1. 以前から一度お目にかかりたいと思っていた女性がいました。共通の友人もいるけど、医療の仕事をしている自…
  2. アモーレ大学医学部教授@アラフォー女医のjoyful(twitterアカウント@dr_joyful …
  3. イラスト:新倉サチヨ ふとした瞬間に、昔すごく好きだった人の面影や言葉が頭をよぎることがありません…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. 今回は、大阪梅田からひと駅の南森町で結婚相談所をされていらっしゃる、アーチ結婚相談室の代表、木村惠さ…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. こんにちは、アモーレ大学 国際男女関係学部 教授のおちさぎりです。 幸せな恋愛や結婚をして、パートナ…
  3. 今回は、徹底的な同年代の男性目線で婚活に迷える女性に導くスペシャリストとして、結婚相談所を運営されて…

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます

    カレンダー

    2021年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
    ページ上部へ戻る