幸せのシンボル〜四葉のクローバーの秘密とは?

こんにちは。ぷよっぴーです^^

みつけたらラッキー♪

でも、四葉のクローバーは探しても、なかなかみつからないよね。その分、みつけたときはとっても嬉しいんだけど。

 

そもそも、四葉のクローバーってどうして幸せの象徴って言われるんだろう?

ここでちょっと解説を。

 

クローバーと呼ばれているものは「シロツメクサ」という品種で、春から夏にかけて花が咲くんだ。暖かくなってきたら、道端などでよく白い花を咲かせているのがクローバーなんだね。

 

そんなクローバー、もともと葉は3枚。

あれ?じゃあ4枚の葉があるクローバーは?

実はもう1枚は、突然変異で出来たわけじゃなく、踏みつけられたりして傷ついたところから分かれて出てきた葉なんだって。

公園や道端で見かけることが多いのは、よく踏まれたりしているからなんだね。

 

そして本題!幸せの象徴と言われる理由は・・・

4枚の葉が十字架に見えるからなんだとか。そして、葉の一枚一枚にも実は意味があるそう。

〜四葉のクローバーの葉に込められた意味〜

  • Faithful Love(満ちた愛情)
  • Glorious Health(素晴らしく健康)
  • Wealth(富)
  • Fame(名声)

ふむふむ、なるほど。

手書きのクローバー

でも、探してもみつからない・・・。

そんなときは、四葉のクローバーをモチーフにした物を身につけてみるのもいいかも♪

 

 

まずは定番、アクセサリー。

ティファニー クローバーチャーム

http://www.tiffany.co.jp/Shopping/Item.aspx?sku=27552986

18Kゴールドのチャームはさすがティファニー♪品があっていい感じ♪

 

みつからないなら、自分で育てちゃおう!ということで、栽培セットはいかが?

必ずとは言わないまでも、かなりの高確率でみつかるみたい♪

お求めはこちらから〜↓

TAKII GREEN NOVELTY

http://shop.takii.co.jp/shop/b2b/special/

 

四葉のクローバーがもしみつかったときは、ぜひ玄関に飾ってみて♪

きっと幸運の足音が聞こえてくるよ。

でも、もし玄関がごちゃごちゃしていたり汚れていたら、片付けないとせっかくの幸運も逃げちゃうよ〜。気をつけてね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
   

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ぶんぶん編集長おすすめ

  1. はじめに みなさんは、定期的に筋トレしていますか? 「やろうと思っているんだけど、いつも結局やらな…
  2. “言葉は言霊”とは、発した言葉には魂が宿りその言葉が現実となるという意味が込められています。このこ…
  3. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…

さっちゃんおすすめ

  1. こんにちは!幸せ大学のぶんぶん学長です。皆さん、年末の慌ただしい時間をどのようにお過ごしでしょうか…
  2. 初対面の相手や苦手意識を抱いている相手とのコミュニケーションは、とても億劫なものです。 それは…
  3. 私たちが過ごしている世の中には、本当にたくさんのお仕事があります。 中には、これまでには考えら…

福太郎おすすめ

  1. 結婚相手に求める条件として、「優しい男性」を挙げる女性は少なくないでしょう。 いつもあなたに…
  2. 世の中には、家族や職場の仲間など、身近な人たちと良い関係性を築ける人もいれば、争いが絶えず…
  3. あなたは、誰かにお願いや頼みごとをするとき、相手にどう伝えていますか? 「ちょっとだけ手伝って欲し…

ぷよっぴーおすすめ

  1. 他人との会話の中で、相手の話を自分の話や好きな話題にすり替える『会話泥棒』をしていませんか? …
  2. 幸せって結局、なんだろう?そんな疑問を持つあなたのために、幸せのカタチをまとめてみました。 ◆そも…
  3. 視覚や嗅覚、触覚など、私たちの体に備わっている感覚を刺激することは、幸せになれる要素が満載です。 …

幸せ大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る